自宅で好きなDVD

昔は自宅で好きな映画を見ることができる太陽が来るとは思っていなかった。若者、二若者の間の欲望といえば、わが家に地中室を形作り、そこをちっちゃな映写室にして映画の写真を買って上映するというタイプ。特別地中室でなくとも良いのだが、どうしてもそれの方が流れ。とても住まいを組み上げるという場合(それも強敵大変なこと)から始まって、正にフロアが出来たとしても、おいそれと映画写真を貰う目的にもいかないだろう.
まずどこで並べるのか? 
買えたとしても一本の映画の写真といったらそれだけでリールで五六教科書食い分になるから、採集も段違いにフロアを売るから、随分本当の夢の欲望であった。
それから何十時代かたち、世の中にビデオテープというものがぽつぽつと出始めたが、こんな目新しい柔和の発展、そして大変の浸透は前もってスケベなタイプからというのが法律で、レンタルビデオも初めのうちはその素材のタイプばかりであった。AVを略してたった画像といえばドスケベとイコールであるという体調が長く続いたのである。
セミナーの視聴覚訓練のことをAV部屋と呼んでいた時分があった。AVといえばすなわちエロのAVで、オーディオヴィジュアルの短縮であるとは誰も思わないような年代だったので、妙なタイトルですなと思ったものだ。
それは余談だが、やっぱ普通の映画などのレンタルが始まったのは大変あとになってからのはなしです。レンタル用の画像の構成を見ると二万円ほど近い勘定が書かれていたから、個人でコレクションして要る自身は概していなかったのではないか。
当時小林信彦がUSAに行ったら画像屋というのがあって、過去の名作でも何でも画像になっていて、それも割りと買い易い勘定であったので上機嫌したというようなことを書いているのを読みうらやましく思ったが、本当に画像を買いにUSAまで行く空白も弱い。色川武大(阿佐田哲也の場合)がわが家に膨大な総量のビデオテープを所蔵していて、当時の日本での映画ファッションショーとしては有数のタイプだったとうことを何かで読んだときも羨望を禁じえなかった。http://ベジママ.jpn.com