ピアノ虎の子で今に達する

小学二年生から習っていたピアノ。六年生程度まで決して楽譜はスラスラ読めなかったのですが、気づいたらあれよあれよとスラスラ読めるようになっていて、調教曲が宝物になっていました。調教嫌いに陥ったことが一度もなく私にはピアノしかないと思っていました。中学校でピアノは止める人が多い中位、小さく予備校から帰ってピアノを弾きたいと言うぐらいでした。高校生の一時からレストランでピアノ熱唱の日雇いをし、その経験は今にも生かされ宿屋でピアノ熱唱をしています。知らない曲も楽譜を見ればだいたいはさっさと弾けるのが強みだ。ピアノ熱唱の日雇いをやる前はクラシックしか弾かなかったのですが、レストランで弾くようになり、ジャズやポップスをピアノで弾くことを覚えました。自分はピアノのインストラクターになるんだなと思っていたら、ちゃんと恩師の大学生さんを高校生の一時から伝えることになりました。専ら再度ピアノ先生に生きがいを捉え過ごしています。http://ncecwa.com/